Home > 777塾 Archive

777塾 Archive

勝手師匠ノススメ★777塾卒業生同窓会

  • 2011年1月 6日 10:37
  • 777塾

o0405030410965356885.jpg

広告の世界は深く難しくと日々感じます。いろいろ先輩に教えてほしいなーと思うのですが、オンライン業界は非常に若い業界です。

そこで思いついたのが勝手師匠

 

僕は勝手に弟子になり、師匠から学ぶスタイルを実践しています。

 

その一つが777塾であり、福田塾長になります。

インタラクティブの流儀や文脈、文法を学びました。

 

そんな777塾の卒業生同窓会があったので、行ってきました。

いろいろ刺激をもらい、新年から全速力で行けそうです。

 

【参考記事】777塾とは/福田敏也塾長

http://simojo.com/interactive/2010/08/post-277.html

777塾とは/福田敏也塾長

  • 2010年8月16日 19:17
  • 777塾
o0405031810211996385.jpg
777塾2010、募集開始!


師匠である福田敏也塾長の私塾777塾の募集が始まった。

去年こっそり通った777塾。

オンライン上には777塾の情報が少ないので少し、ここに書いてみようと思います。



777塾は777interactive代表の福田塾長が90年代より始めた
業界若手育成を目的とした私塾。
講師は、福田塾長本人。


2008年まではクローズドネットワークで生徒を募集。
2009年からオープン化した事により、誰(やる気と気合と出席出来る方)でも入塾できる可能性ができました。


僕はオープン化された最初の年に入塾しました。その時は入塾の為の課題がありました。

塾生は全員で11人で ざっくり内訳は学生3名 社会人8名(AE,ストプラ、プランナー、デザイナー、ディレクターとさまざま)で構成されていました。


そんな777塾で何ができるか


■学べる事
・広告思考、企画思考を学ぶ事ができます
世の中にはたくさん広告があり、ワークする広告、ワークしにくい広告があります。
いい広告とはなにか?なぜその広告はいいのか?そして自分だったらどうやっていい広告をつくるのか?

・広告制作実践します。そしてTIAAの審査員長を務める、塾長に見てもらえます。
そして、その企画の何がよくて、何が良くない解説してもらえます。

・一人で考えます。チームで考えます。
一人の思考とチームの思考の違いを学び、チームの答えを出していきます。
会社とは違い、上下関係はなく、フラットに意見を出して、アイディアを形にしていきます。

・上記をもとに福田塾長の思考を学ぶ事ができます。
思考を学ぶだけでなく、自分のものにする方法を学びます。


■すごかった事
・講義の費用が無料
前回一回の講義は5000円を想定していましたので全13回×5000円=65000円はかかるとおもっていたらLOFTWORKさんのご厚意で場所代がゼロ円になり、授業料がゼロ円になりました。(LOFTWORKさんの温かいご厚意に感謝いたします。)

・広告思考の高い知り合いができます。
熱い広告への思いを語る相手が社外にできました。いまでもたまに呑みに行きます。

・サプライズがあるかもしれません。(これはすごいよ)
塾長から「下條君電話ください。」と土曜日に発信された1行のメール。
会社のPCを家に置いていたので、そのメールを見たのは月曜日の朝。

緊張しながら塾長へ「どうしましたか?」とご連絡
塾長:「なんだっけ?忘れっちゃったよ」
しも:「土曜日夕方のメールですよ。なんかあったんじゃないですか?」
塾長:「駄目だ思い出せない
しも:「えーーーなんか重要な連絡じゃなきゃいいけど・・・」
塾長:「あ 思い出した、昨日多摩美の特別講義打ち上げでゆうご君と渋谷で呑んでて、下條君渋谷だから来ないかなーとおもって」
しも:「えーー ゆうご君って 中村勇吾さんの事ですか?」
塾長:「そうそう、よかったらどうかなーと思って、、、」

「塾長大事な連絡は会社のメールではなく直接携帯にほしいですぞ!!!!(/TДT)/心の中で叫んだのを覚えています。

スペシャルな吞み会に誘われるなどなど・・・(あー行きたかったなーー)

■ポイント
この塾はボランティアなので、塾生はコストなしで広告を勉強する事ができます。その条件は全13回参加できる事。
これが現役広告マンには難しいです。LOFTWORKさんに19:00に行くという事は渋谷駅に18:45に到着する必要があります。どんなに業務に追われていても、行く必要があります。ボランティアで運営している塾長をむげにできません。

ある程度会社の協力がないと参加が難しいと思います。なぜこの塾に行きたいのかを明確にし、上長およびチームの合意がないと難しいと思います。

僕もチームの理解を得た後、水曜18:30から夜まではスケジュールをブロッキングしました。



そんな感じで777塾について書いてみました。広告思考がほしい方は是非エントリーしてみてはいかがでしょうか?
今年から年齢制限も外れましたので、誰でもエントリーできますよ。

福田敏也プレゼンツ 出張!777塾

  • 2010年2月24日 21:51
  • 777塾

 

img_fukuda2.jpg

 

 

本日のインタラ塾は

福田敏也プレゼンツ 出張!777塾

ちなみに777塾とは福田さんが90年代より始めた広告業界の若手育成を目的とした私塾です。

 

僕は少し遅刻してしまったんだけど最後の質問が一番心に残った。

「福田さんが他の人に負けない事は?」

「負けないかはわからないけど、変わる事には柔軟だと思います。そもそもCM畑にいて、1995年に博報堂電脳体に移籍。なんとなく面白そうだと思ったのとPCが仕事を変えた様に、PC(インターネット)が広告を変えると思った」

 

ちなみに帰りの電車で平尾さんと95年ってどんな時だっけ?と話していて思い出したのが テレホーダイが始まった時代。

テレホーダイ加入していないユーザーは3分10円の接続料が高額になるため、ページ表示されたら回線切っていた時代。

アダルトサイトをクリックするとポッポアップが30個ぐらい表示される時代。

 

なんかこの直感がすごいなーと思いました。CM業界で大きな仕事を任せてもらえている時に、すべてを捨てて違う畑で仕事をする。

そして結果を残す。

 

あともう一個 「昔広告集を見るように言われました。今考えるとそれはいいアーカイブで知恵の結晶で、その知恵の結晶を理解していくといい。」

 

セミナー終わって思ったこと

 

  • 僕も福田さんのような一流の広告人になれるよう努力しよう
  • いい広告を研究して、自分でも作れるようになろう
  • そして今年はそれを後輩にも教えていこう

 

■過去記事

福田敏也が語る企画脳の鍛え方

1-click Awardのレセプションで福田敏也さんと

 

来月のインタラ塾も面白そうなのでいけたら行きたいなー

 

Index of all entries

Home > 777塾 Archive

Return to page top