Home > 読書感想文 > アイデアの教科書 電通式ぐるぐる思考

アイデアの教科書 電通式ぐるぐる思考

〈アイデア〉の教科書 電通式ぐるぐる思考
〈アイデア〉の教科書 電通式ぐるぐる思考 山田壮夫

朝日新聞出版 2011-01-20
売り上げランキング : 4821


Amazonで詳しく見る 

 

アイデアの教科書 電通ぐるぐる思考を読みました。

内容的には「アイデアの作り方」ジェームス、W,ヤングの

アイデアは組み合わせのもう一歩実践版

一人ブレストの方法が書かれている感じで、一冊にまとまっていて30分で読めるので

非常にナイスな本でした。

 

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方 ジェームス W.ヤング 竹内 均

阪急コミュニケーションズ 1988-04-08
売り上げランキング : 576


Amazonで詳しく見る
 

 

広告、コミュニケーションにおける「アイデア」とは何か?その答えが書かれています。

僕は営業からプランナーになり、この「アイデア」というものに1年ぐらい本気で悩みました。

何が正解かとか、どうやってうみだすとか。

 

いろんな本読んで、いろんな人に思考法を聞いて、自分なりに消化してきました。

 

アイデアを出す訓練を繰り返すと、アイデアを出しやすい体になってきました。

でもいつも悩みます。

 

うーーーん。広告、コニュニケーションって難しい。

 

この本は不安になった時にまた読みたい本です。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://simojo.com/interactive/mt-tb.cgi/703
Listed below are links to weblogs that reference
アイデアの教科書 電通式ぐるぐる思考 from interactiveに行こう!!

Home > 読書感想文 > アイデアの教科書 電通式ぐるぐる思考

Return to page top