Home > Archives > 2010年12月 Archive

2010年12月 Archive

ニコニコ動菓と海老蔵

  • 2010年12月 9日 18:03
  • 飲食

21.JPG

本日打合せでドワンゴ行ったら、ニコニコ動菓を頂きました^-^v

・ニコニコ動菓

http://info.nicovideo.jp/douka/

どうみてもビックリマンチョコなんだけど、こんなタイアップがどうやって実施されるんだろうと思って聞いたら

ロッテ側からの持ち込み企画との事。

22.JPG

ロッテってすごくファニーな会社だなーと感銘を受けたしだいです。

 

ロッテ側のプロダクトサイトもすごく凝っていて更に感銘

http://www.lotte.co.jp/products/category/niconico/index.html

柔軟な会社だなーという印象です。

商品も売れているそうです。

 

でこの日海老蔵の記者会見がニコ生で行われたんだけど

なんと

20万人が視聴 40万以上のコメントが付いたとの事。すげーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

20万の視聴率って 0.16%なんですが
地上波でいえばごみみたいな数字ですが、オンラインで同時接続だと
ぱねーーーーーーーーーー数字だと思います。


能動的にみる0.16%はなんとなく 受動的にみる1%の価値があるのでは
と思いました。つまり深夜放送と同等の視聴率ぐらいの価値。

ってことでニコ動すげーーー。
一回プレミアム会員になろうとおもいました。

 

そんなこんなで恐るべしニコ動。

キットカット×お年玉

kito1.JPG

キットカットお年玉

先日年賀状を買いに郵便局に行きました。そこにあったキットカット。無機質な空間に突如と現れたキットカット。

見ると、お年玉袋付き。

 

キットカットは受験のお守りから今はお年玉袋としても機能しています。

商品の顔であるフェイスをつぶしてもお年玉袋をはっています。すげー

 

商品も残り2個ぐらいで売れていました。

全国に郵便局は25000店ぐらいあり、たぶん、一拠点20個ぐらいでおろしてるから、

このお年玉だけで50万個ぐらいは売れていると思います。すげー

 

競合のいない場所で売れる流通作り。その場所で売れる、ストーリー作り。

世の中いろいろ受験のお菓子あるけど、先行者有利のポイントを活かした戦略

 

 

メッセージを書くとクリスマスツリーがどんどん育つ

 

ki.JPG

 

クリスマスツリーが成長するユーザー参加型チャリティサイト、
「SINAP Christmas Project 2010」( http://xmas.sinap.jp/ )

ユーザーの参加によって成り立つ植林へのチャリティサイト

クリスマスっぽい素敵な企画ですね。
僕も書き込みしましたー


音楽可愛いなー♪

成蹊大学で広告論を話す

昨年に続き成蹊大学で広告論を話してきました。

紅葉に包まれたキャンパスは最高のロケーションだなーと思いつつ教壇へ。

 

昨年に続き、伝えた事は広告代理店の「リアル」を話しました。

DSC_0266.jpg

広告の仕事がなぜ面白いか?

広告代理店の営業は何を考えているか?

などなどを話しました。

 

昨今就職活動は非常に難易度が上がったとの話を聞いた事があるので、

広告と就職活動の話もしました。

広告と就職活動は一見関連性はありません。

でも差別化し、選ばれるという広義の行為は同様とも考えられます。

そこでもし僕のお客様が就職活動中の学生だったら、広告代理店のプランナーがどのように思考し、課題を解決するかを話しました。

この辺はすべての学生が興味心身な分野なので、集中して聞いてもらえました。

DSC_0280.jpg

今回はスペシャルゲストで営業の平尾氏も登場し、壇上でディスカッションし、盛り上がりました。

DSC_0281.jpg

DSC_0270.jpg

二日合計で400名ほどの学生に広告の魅力やNIKKOという会社を伝える事ができ、充実した講義ができました。

 

来年はゼミ生とのディスカッション&プレゼンもあるので、更に楽しくなりそうです。

 

講義の質疑応答で質問をしてくれた学生の皆さま。ありがとうございます。講義が盛り上がりました。

僕は大会議室での講義の場合、質疑応答の量と学生の満足度は比例すると考えています。ですので、質問頂いたので、みんな楽しく広告論を学んでくれたと信じています。

 

お招きいただきました山本先生ありがとうございました。

最後まで集中して聞いてくれた学生のみなさんありがとうございました。

 

何かありましたら、ご質問くださいまし。

 

 

Index of all entries

Home > Archives > 2010年12月 Archive

Return to page top