Home > Archives > 2010年9月 Archive

2010年9月 Archive

ソフトバンクアカデミア公開講義

  • 2010年9月28日 22:49
  • お話

header_txt_01.jpg

 

本日ソフトバンクアカデミア公開講義に参加してきました。

会場では偶然@katsurada さんに会いました^-^v

ご無沙汰でーす。

 

 

以下議事とか内容とか


ソフトバンクアカデミア
すでに社内では始まっている。

もともと外部からは30名を想定。外部枠を100名にする。

第二回戦略特別講義 ★ 意思決定の極意

リーダーにとって意思決定が一番大切。
リーダーが取るべき最終決断。
リーダーは決断しなければいけない。
決断とは片方を決め、片方を断ち切る事。
遅すぎる決断は決断しないと一緒。

組織の長、会社の長は決めたら片方を断ち切る。

意思決定は会社の成功要因である。

★30の意思決定★
答えは2社択一
1/2の30個の設問が50%であれば10億分の一


①独立契約に多額の資金要求

A:独占契約を締結し、安定売上確保
B:締結しないで資金をの残す

ソフトバンクの場合一週間後に5000万円の現金ももってこれば
独占契約をあげる

ソフトバンクの場合はハドソン、最大手の仕入先のを独占確保する事していった。


②主力事業が大赤字
A:部分撤退して立て直す
B:撤退

ソフトバンクの場合は卸業ではなく出版事業
パソコン情報誌8誌の内1誌だけ黒字、その他赤字 2億赤字

自ら会長兼 雑誌部長に就任
3カ月以内に黒字にならない雑誌は廃刊に と決定した。

片足切ってでも、我が子(出版事業)を救いたい

結果 7誌が黒字へ
事業全体も黒字に 結果23紙に雑誌が拡大




③突然の病に倒れたら

A:療養に専念し、早期復帰
B:病をおしてでも経営に専念


僕の場合は即刻入院しました。
一旦会長職に身を引いた。そして経営会議だけでた。
病気をポジティブに考え、自由な時間をつくった。そして3000冊本を読んだ。半分は漫画www


④部下の裏切り・離反
A:去る者は追わず
B:懸命に留意

ソフトバンクの場合 ソフトウイング事件(1986年)
僕が病気の間に入社した方。その方が20にぐらい一緒に辞めて行った。

僕は止めたかったけど、病気の間だったので、止めるすべがなかった。


⑤既存の事業とカニバる事業開始
A:既存事業をより強化
B:減益になっても参入

我々の場合 ITメディア
現在雑誌は0誌

すべてインターネットメディアへ、フォーカスしていった


⑥不振JV撤退時の損失
A:応分に負担
B:こちらで負担

基本50:50の資本金であれば損失も50:50

マイクロソフト
ロス・ペロー

こちらが誘った JVなのですべて株式買い取ってこちらで損失を買い取った
20億とかの金額。

それでも 「義」を優先した。個人で清算した

⑦赤字の会社に100億投資すべき

A:投資すべき
B:投資しない

私の場合は99%でB でも1回Aの場合がある。
それはアメリカのYAHOOでした。

売上が1000万円 赤字2000万円 社員16人の会社
に100億投資した。

売上はグループの1%だが、時間の99%をつぎ込んだ


⑧海外からの強敵参入

A:強敵とJV
B:自前で対抗

私も最初JVを選んだが条件がのめなかった。
実はYAHOOオークションとイーベイとの戦い。


⑨買収直後の危機的状況
A:危機の克服に集中
B:売却先を探す

コムデックス(展示会)&ジフ・デイビス(紙の出版)
当時自社株式総額2000億の会社が、3000億の会社を買った。

インターネットに集中した。

更にキングストンも

大型買収はすべて損切り・・・・

売却益はすべてインターネットに
ここから10年間は利益関係ない。上場直後の会社が株主総会でも利益求めないといった。
株価真っ逆さま

そこから5年後インターネットバブル

⑩不振事業のJV
A:継続する
B:解消する

ナスダックジャパンをJVで作った
スカパーの初代社長は私です。

スカパーは僕とフォクスのオーナーのマードックで作った。
その会社でテレビ朝日株を21% 買ったが 
その後買った値段でそのまま日テレに売った。

⑪資金不足
A:買い入れ・増資で資金調達
B:戦略事業以外を売却

我々の場合はAにしたかったが借入ができなかった。
ブロードバンド事業で4年連続1000億赤字。

青空銀行を売却
売れるものは売った。
YAHOOとブロードバンドだけ残して

⑫ネットバブルの崩壊

A:ネット事業の縮小撤退
B:更にネット事業を強化

ソフトバンクの株も100分の1へ
20兆が2800億に

その時の株主総会
主人の退職金の遺産の1000万円が10万になったおばさん
「私は今日 そんさんの話が聞けて良かったです。信じてます」
だから僕は時価総額を200億にしたい。一番高い時に買った人でも10倍は高くして返したい。

それは志だと思います。

その時の株主総会はあんなに非難ごうごうだったけど、みんな総立ちで応援してくれた。


⑬未知の新規分野への投資
A:小さくスタート
B:大きく投資し市場をつくる。

僕は10回のうち9回はAを選ぶ。
それでも10回に1回はBをえらぶ

それがブロードバンドビジネス   日本をブロードバンド先進国に

⑭事業立ち上げ直後の危機

A:継続する
B:撤退する

ADSL事業参入
何もない中でのスタート
・未知のテクノロジー
・金もない
・経験ない
・ノウハウもない

社長室をでて現場へ 3日で 100人の人材を集め役割分担を決めてスタート

そして完全独自IPの設計した。毎日徹夜 盆正月なし、風呂にもはいらない。
↓2001年
申し込み殺到 3日で100万件  →開通しない。

ペテン禿げとYAHOOの掲示板で書かれた。

しかしその結果 世界一安い、世界速いブロードバンドになった。


⑮突然の不祥事発生・報道のリスク発生

A:報道リスク回避
B:顧客への説明を最優先


顧客情報漏えいが外部流出 452万件

そのお客様情報をもとに恐喝事件へ発生
派遣社員が盗んだ情報を893さんが恐喝に

加入者情報で数十億要求
「悪に屈しない・ウソをつかない・お客様の被害が最小に」
翌日自ら記者会見 すべての質問に答えた。
2時間におよぶ会見で事態は収束へ

そこから 性善説から性悪説の管理体制へ

⑯大量採用すべきか

A:一気に採用し、事業急拡大へ
B:徐々に採用し、リスク回避

YAHOO BBが1700人の時に3000人の新卒採用


⑰プロ野球球団を持つべきか
A:本業以外には手をださない。
B:必要な投資はすべき

当時フォークスは 年間2~30億赤字

野球が好きだからではない。
買収した理由は 携帯事業をやると腹の中で決意していたから

ソフトバンクで BtoCのビジネスをした事はない

ソフトバンクのブランドを国民的スポーツに投資した。

⑱海外進出

A:自前での展開
B:パートナー戦略重視

多くの会社は自前主義。この規模でパートナー主義は珍しい。
今後も海外はパートナービジネス

アリババ タオバオ


⑲不公平な規制に従うべきか

A:規制を遵守
B:戦う

2004年 総務省の訴訟に踏み切る その時の大臣は麻生さん

2005年 1.7ギガの認可をもらう。

⑳減益事業を買収するべきか

A:買収すべき
B:買収すべきではない

僕の場合 ボーダーフォンジャパン

減益が続くボーダーフォンに二兆払った。
その半年後にナンバーポータビリティーが始まる。

21 驚愕の負債を伴う新規事業

A:行うべき
B:行わない

自前で参入した場合 損益分岐点は5~10年後になる。

その時の選択肢
・自社で進出
・他社を買収
・MVNOで参入

22現金で買収か株式交換か

A:株式交換で買収
B:現金で買収


ボーダーフォンジャパンを約二兆円 現金で買収
この発表のすぐ6割に株価が下がった。 

23買収企業との統合
A:相手企業を尊重
B:一気に融合

今までは 昔の会社を尊重 
しかし大型買収ではすべて失敗した。

ボーダーフォンの時は ソフトバンクモバイルの社長に自ら一日なり
現場入り、仕切っていった。

正しいと思う事だけやった。妥協しない。仲良しくらぶにしない。

24 リストラをすべきか

A:実施すべき
B:実施すべきではない

本当にやばい時はリストラすべき
貢献度合いの低い社員をリストラすべき

人事異動は沢山おこなった。それは沢山の事業をもっているから


25激しい価格競争をしかけるべきか
A:利益確保の為おこなわない
B:シェア確保の為しかけるべき

ソフトバンク ホワイト学割
新規参入なのでやらなければならない。

価格以外に打つ手がない時実施。

26戦略的パートナーの選択

A:条件の厳しいナンバー1
B:組みやすい相手

我々は勝つために組む

27天下りの受け入れ要請
A:業界慣行として従う
B:いかなる場合でも断固拒否

ソフトバンクでは一切しない
でも一般的には受け入れる。
受け入れないの非常識 でも非常識でいいじゃないか


28 30年後時価総額200兆円
A:目標として掲げるべき
B:具体的な目標は明言すべきではない。

無責任な大ボラはいくらでもできる。

創業前から僕は大ボラを吹く癖がある。
でも期限内にできなかったボラはない。

無言実行のほうが簡単
有言実行は難し。

それでも有言実行するべき。自信のある部分を考え抜いて考えるべき

29後継者の選抜・育成

A:自社内で教育
B:社外からも募集

多くの可能性を残したい。

後継者は年間2割ぐらいのばす。

情報革命で人々を幸せに


30創業者の考え方の踏襲
A踏襲する
B踏襲しない

9割ぐらいは踏襲してほしい、理念 ビジョン 志は変えないでほしい
軸足は変えないでほしい

方法論は変えて最善を尽くしてほしい。


以上30問
前提条件を言わないので 正解も不正解もない


初めて孫さんのしゃべりを生でみました。

プレゼンが異常にうまかった。すべてがストーリーになっていて驚異の沙汰が、結果成功しているので、サクセスストーリーになっていた。いやーすごかったです。

 

日本が変わるスイッチが入っている映像 - 裸の男とリーダーシップ

 

マネージャーに見ておきなさいと言われた動画。

※やらせの映像ではないらしい

 

後半リーダーがもはや見えない世界に・・・

【潜入】佐々木俊尚ビジネスセミナー「激変する広告・マーケティングの最前線」

gendaibiz.gifimg_49e7afbcb8123c629d04d1495321764b27046.jpg
佐々木俊尚ビジネスセミナー「激変する広告・マーケティングの最前線」

先日佐々木さんのセミナーに参加して 有料メルマガ@1000円/月を購読していて、その読者枠で参加してきました。


議事
-------------------------------------------------------------------------------------------
現代ビジネス 佐々木俊尚さんセミナー 講談社にて
2010年9月10日

現代ビジネスのサイトは月間450万PV

■広告の話

ここ数年非常に変化している。
ブログがでたらブログマーケティング
ツイッターがでたらツイッターマーケティング

みんなあわててる。

本当にこれでいいのか?

いまやマスメディア的な情報発信は成り立たなくなっている。
一対一の関係が求められている。

楽増 (ツイッターフォロアー増加施策)というサービスがある。

・・・・



■パッケージVSコンテキスト
本はパッケージで読まれていた
今後はコンテキストで読まれる。
新たな意味づけやレコメンドが重要になってきた。

ソーシャルメディア上 n対nで物がうれるのでは。

物から事へ

物を買う事には興味にはなくなりつつある。


■ソーシャルメディアをコンテキストが流れる。
ブログ上で○○の人の為の本など

パッケージ 売上ランキング タレントイメージ テレビCM ブランド記号

コンテキスト
なぜその情報・商品を、今読む・買うべきなのか・
いったい誰が進めているのか?
私にとってオリジナルな価値。

記号消費からコンテキスト消費へ

背伸び消費は消滅に向かい
高級ブランドは元の世界へ帰った幾。
自分を物を語る人は今や少数派。




■従来の情報流通

コンテキスト             消費者
------------------------------------
パッケージ /記号 
商品・情報              発信者


■ソーシャルメディア時代

コンテキスト             ソーシャルメディア
-------------------------------------
商品 ・情報             発信者

例えば 食べログなど


コンテンツとコンテキストは一体化し、それは「場」を生成する。



■その「場」はどのような形態として形成されるか?
現在その場は 非常にいろんな形態がある。

マスメディアは大河のような情報流通
上流下流がある。

ソーシャルメディアは湿地帯のような情報流通
上流下流の差がない。



■情報は人を軸に流れる。
食べログは情報を流しているわけではない

だったらその場は何処にあるのか?

好みは細分化している。


■情報の真偽VS人の評価
インターネットの情報のアーカイブが価値や信用をうんでいく。
情報の真偽はネットでは分からないけど、評判は分かる。


■curation キュレーション

美術の言葉 美術館の人をキュレーター
情報の収集・選別・意味づけ・共有する事

これが美術以外に起きている。
キュレーター:口コミを引き起こす人
カリスマレビュアー。
情報仕分け人。


最近キュレーションジャナーリズムという言葉がうまれている。

キュレーションは商品情報にコンテキストを付与する。


■コンテキスト消費時代


コンテキスト                        キュレーター
--------------------------------------
商品                            クライアント


その中で代理店は何をするか?
湿地帯をの中のコミュニティーを見つける。
その中にどのような情報を流すをしらべ、戦略を決める。


■次の課題

フェイスブック
5億人のユーザーを誇る。
しかし売上高5億ドル 一人100円

■購買意欲。生成と収穫

生成/ソーシャルメディア

収穫/検索エンジン

現在は消費を生成する場所にお金が落ちない。
生成場所どのようにお金を生んでいくか。



商品とコンテキストの「場」でクリエイティブは生まれるか?
APPLEのiAD「検索ではない・アプリがパッションがもたらすのだ」


■ネット広告の未来
ブランド広告
それはいるかくるのか?

ブランディングを計測指標の可能性

それは視聴率を超える可能性はある。

検索とテレビ アプリとテレビ。そしてその次は

テレビもいつかはソーシャル化していく。



★広告代理店がキュレーターになる可能性は
広告主はキュレーターに情報をながすしかない。



広告の未来はすべてコントロールできるというとう考えをすてる事

これからは広告、広報、マーケティング、販促が一元化されている。


■佐々木さんはソーシャルで儲けていない
そのかわりにソーシャルブランディングができる。

たまに書籍情報を流す。

ソーシャルを読者とのエンゲージメントとしている。

-------------------------------------------------------------------------------------------

■質疑応答で聞いてみた事
世の中が変わっていく事も理解できるし、オンラインの重要なのも理解できるけど、
ソーシャルメディアって非効率だなと

いつも思っていました。


そこでコモディティー化(医薬品、お菓子などなど)している、プロダクトの広告でもソーシャルメディアでのコミュニケーションが
必要か

■コモディティーの商品の場合効率化が一番重要などでマスプロモーションのほうが重要度が高い。


それはそうですよね。CMで1億人とコミュニケーションしてるのに、数十万人単位のコミュニケーションではビジネスが成り立たない。


と考えると、コモディティー化のプロダクトを販売している企業は今後、オンラインというチャンネルいかに使うか、中長期でどのような戦略をたてるかという大きな課題があると思います。

この辺はビジネスチャンスだと思うので、解決できるよう少し思考してみたいと思います。^-^



ソーシャルメディアはニッチであればあるほど強いなーと思う今日この頃です。

ラッシュ クイーン セクシー ブラック WP

ヘレナの新マスカラ ラッシュ クイーン セクシー ブラック WP

ボトルにレースがついている、刺激的なプロダクト

 

02_3.jpg

 

そんな ラッシュ クイーン セクシー ブラック WPのキャンペーンサイト セクシー診断

 

LASH QUEEN SEXY BLACKS WP

NYの旅もありますので、どしどし男を落としましょう^-^v
result_camp_btn01_o.jpg

戦国送別会

お仕事でスーパーお世話になった クライアントが上海に行く事になったので

スペシャルな送別会を企画しようという事になった。

 

高価な吞み会接待もいいがもっとオツで風流な送別会がいいのではとの結論に至った。

 

先方が極度の歴女であるので、ここを攻める事にする。

 

当初プレゼントで甲冑をプレゼントしようとしたら、数十万円かかる事がわかり、

もう少しファニーな感じなのを探していたら 戦国大名の兜のペーパークラフトが見つかり、

これでもてなす事に。

 

我々は

■豊臣秀吉

 

4944346120_413bc8d53e.jpg

 

 

■武田信玄

 

4943766881_4be5c06b5b.jpg

 

■伊達政宗

 

4943769433_41887d9873.jpg

 

 

■上杉謙信

 

4944348682_00c9eeb240.jpg

 

 

これで先方がくるのを待ってたんだけど、間違って先にお店の人が個室に入って来て

なかなか痺れる空気になりました。

 

お店の人が「なんじゃコイツラ」って顔リアルにしていましたね。。。

 

そんなこんなで先方も到着して 戦国兜をプレゼント

 

先方には江戸幕府を作った徳川家康

ちなみに本物はこんな感じ↓

 

 

img10591506263.jpg

 

 

■徳川家康

 

写真.jpg
のりのりっす。


 

お子様には世界で一番「愛」されるように

■直江兼続

 

4944359024_682a2686e6.jpg

 

をプレゼント。

 

スーパー喜んでいただき ハッピーなランチ送別会になりました。

 

広告主と代理店

僕らはクライアントの課題を解決するアイディアを考え、実行し解決してく。

その過程でいろいろ問題が起こるけど先方と一緒に解決していきました。

 

広告主と代理店はいかにパートナーになるかが重要かを学びました。

そしてチーム全体で成長する事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

上海に行く際は遊びにいきまーすね。^-^v

Index of all entries

Home > Archives > 2010年9月 Archive

Return to page top