Home > セミナー > 『SKAT.7』(宣伝会議)発売記念トークショー

『SKAT.7』(宣伝会議)発売記念トークショー

『SKAT.7』(宣伝会議)発売記念トークショー

東秀紀(E.)×門田陽(電通)
“スカット読み解く”時代の気分広告コピーの魅力とコピーライターのゆくえ

に参加しました。

来年の優勝の為に、今のうちからできる事はないかなーと考え、裏話が聞けるトークショーに参加してきました。

 

下記↓議事

  • 1次審査は2次審査の審査員に笑われないように、真剣に選んでいる。しかしほとんどがココで落ちておいる。
  • 審査員自体が商品、サービスを理解しているものの方が、審査しやすい。
  • ここ数年 新しいコピーはでていない。しかし時代によってコピーの評価は変わる。 実際今回の最優秀のコピーは福岡コピー倶楽部で近いものがある。
  • あと企画概要、基本見ないんだって。w (1次審査は5000本あるから)

 

ポイントコピーは沢山書いたほうがいい。100本書けば1本ぐらいいいのがある。つまりこの過程で目線、見方を変えると違った切り口が生まれてくる。

オリエンなどのファーストアイディアは非常に大切。直感を信じて。

 

などなど非常に正直ベースの 為になるセミナーでした。

最後の質問で僕が最近一番気になっている事を聞きました。 「女性セグメントのある商品を担当しているのですが、気をつける事ありますか?」

門田さん:「僕も車乗らないけど、車のコピー書くから問題ないよ」

東さん :「大体分かるでしょ。大体分かればOKよ」

僕には女性用商品のインサイトは無いけど、女性からいろいろ聞く事は出来るのでホンネを聞き出していこう。

 

 

あと一番びっくりしたのは 門田さんは 1年半コピーがボツになった経験があるそうです。

 有名な方でもいろいろあるんだなーと

 

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://simojo.com/interactive/mt-tb.cgi/282
Listed below are links to weblogs that reference
『SKAT.7』(宣伝会議)発売記念トークショー from interactiveに行こう!!

Home > セミナー > 『SKAT.7』(宣伝会議)発売記念トークショー

Return to page top