Home > お話 > 1-click Awardのレセプションで中島信也さんと

1-click Awardのレセプションで中島信也さんと

  • 2008年2月18日 08:57
  • お話

授賞式のあと中島信也さんと長い間はなすことができました。 

最近僕はメモ魔なのでビール飲みながらもメモを取っていました。

非常に面白いお話をしていただきましたので、忘れないように議事録です。

 

長くなりそうなので 続きに書きます。 

 

中島信也語録 

プロとはプロは与えなければいけない。ニートはもらってばかり、人間みんな与え合っているか成り立っている。沢山与えられるヤツがいい人間になる。

 

インタラクティブは「いちびる」:あの、大阪弁で言ったら、「いちびってる」のが見たい。訳すと、自然につっこみたくなるというか、見てる人が遊ばれてしまうようなもの。ボケたらツッコンでほしい。サイトより

大阪弁なので最初意味が分かりませんでしたが、標準語に直すと、ツッコミとか悪ふざけとかそんな感じでしょうか

 

人生はつらい:人生はつらい死ぬまでつらい。最近「没頭健康法」をあみだした。「没頭健康法」とは自分の目先のことだけ考え、集中すること。目の前の事だけやって、出てきた壁をすり抜けてきたら、監督になった。僕は今でも月4本CMを作っている。25年間やってきた。 25年やると一瞬でゴールが見えるようになる。玉が見えるようになる。僕はそれを打つだけ。

 

タレントは:タレントはいい仕事より、早く終わる仕事が好き。

35歳までは川くだり:35歳までは早い川の中でもがき苦しみ、自分の力、自分の強みを発見しなさい。そして力をつけて、いい川をみつけなさい。いい川を下りなさい。

 

あとお酒を飲んでいて気がついたことは、中島信也は物まねがうまい。おばちゃん、ギャル、学生、江戸っ子、酔っ払い、芸者などすぐモノマネをする。たぶん本質的なインサイトを持っているからだと思う。

今回中島さんの言葉で一番刺さった一言は

 

20年で一人前 

 

僕はそろそろ一人前かなと思ってましたが、まだまだペーペーなんです。

うーん 日々精進せねば

Comments:2

かねこ 2008年2月18日 18:38

うらやましいです。

さすが爆笑王さんですね。

下條 2008年2月19日 09:58

金子さん>
いえいえ 元祖爆笑王を自ら公言したYOUには負けますよ。
あれは自虐ネタですか?

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://simojo.com/interactive/mt-tb.cgi/261
Listed below are links to weblogs that reference
1-click Awardのレセプションで中島信也さんと from interactiveに行こう!!
グっときた。 from WORDS AND SILENCE 2008-02-18 (月) 23:45
『interactiveに行こう!!』さんでCMディレクターとして有名な 中島信也さんとのやりとりが掲載されていて、 その言葉にエラく感動しちゃいまし...

Home > お話 > 1-click Awardのレセプションで中島信也さんと

Return to page top