Home > アイデア > 相田みつを美術館の電子ブック

相田みつを美術館の電子ブック

 相田みつを美術館

先日相田みつを美術館にいきました。

そこで面白かったのが電子ブックでした。広げるとA1ぐらいのサイズ の無地の本に筆でさらさら書くとみつをの文字が浮かんできます。

あと入り口に井戸があるんですが、これも中をのぞいてしまいました。

うーんこれってまさにインタラクティブ 

って思ってサイト見てたらありました。

館内紹介・体感型映像コーナー--体感型映像コーナー(インタラクティブ)の特徴--

これで感じたことはWEBのインタラクティブって映像とマウスの組み合わせが基本で 結構限界がある。このことを考えていたら、GT-INCの伊藤さんの言葉を思い出しました。

インタラクティブというのは、一言で言えば、「行動をデザインすること」人の行動心理を読んで、上手に誘導するしくみを作ることです。だから、逆に言え ば、インタラクティブな表現なら、何を使ってもいいと思います。それが面白いのなら、インスタレーションをビデオに収めて流すのもアリ。得意分野で勝負し ましょうよ。

またいろいろインタラクティブについて考えてしまいました。

どーでもいい話ですが:僕が相田みつをを好きな理由は↓ 

僕の一番好きな言葉です。

大人になると勉強量(探求心)が減るように思います。でも輝いてる所先輩は非常に勉強家です。何事も探求して自分の中で咀嚼して、吸収するのが重要だとおもいます。

今コミュニケーションを生業にしているわけですが、世の中変わりますし、人の考えも変わります。今は本質的な部分を研究しながら勉強しています。

 

あと青春も僕にとって重要です。どんなけ笑うか、面白い事をするか。これは欲求でもあります。

その二つの本質を見事にいっているこの言葉が好きです。

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://simojo.com/interactive/mt-tb.cgi/198
Listed below are links to weblogs that reference
相田みつを美術館の電子ブック from interactiveに行こう!!

Home > アイデア > 相田みつを美術館の電子ブック

Return to page top