Home > 読書感想文 > Webデザインノート No.4を読んで

Webデザインノート No.4を読んで

週末にWebデザインノート No.4を読みました。
2006年前半に話題になったキャンペーンやサイトが紹介されています。

本誌の中にもありますが、最近「ユニクロ」がすごくいいと思います。

僕は中学生の時初めてユニクロと接触しています。たしか折込チラシをだったと思いますが、
「Tシャツ500円、トレーナー1000円、ジーパン2000円」など恐ろしく価格訴求していました。
中学生だった僕は母と一緒に買い物に行くのですが、当時の商品は触ると圧倒的に質が悪く、どうやったら、トレーナーこんなに薄く作れるんだろう?と思うぐらいでした。

もちろん学校では「ユニクロ」を着ていると「ダサい」というレッテルが貼られるので、パンツと靴下はユニクロでもOK。そんな風潮がありました。実際昔柳井正の記事を読んだ事がありますが、店の前でユニクロのタグを切られたと書いてありました。

そう 当時のユニクロは 安からう悪かろうだったのです。
詳しい沿革はウキペからどうぞ

ですのでもちろん僕は今までユニクロを超敬遠してましたし、買った事もありません。
しかしここ最近、WEBでの斬新さ、シャレオツぐあいを見ていると買ってもいいかな?と思ってしまいます。 これはまさにクリエイティブの力かな?と本気で思うわけです。

・・・と読書感想文の予定でしたが「ユニクロ」について語ってしまいました。
本誌には最近の活動が細かく掲載されていますので、一見の価値ありありです。

11907207250-photo.jpg

Webデザインノート No.4 (2007)―Making magazine of web design (4) (SEIBUNDO Mook)Webデザインノート No.4 (2007)―Making magazine of web design (4) (SEIBUNDO Mook)

誠文堂新光社 2007-09
売り上げランキング : 49121
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://simojo.com/interactive/mt-tb.cgi/136
Listed below are links to weblogs that reference
Webデザインノート No.4を読んで from interactiveに行こう!!

Home > 読書感想文 > Webデザインノート No.4を読んで

Return to page top